依存症の原因となってしまう親の特徴とは

スポンサーリンク

アダルトチルドレンという言葉をよく聞くようになりましたが、この人たちには社会で生きづらいという特徴があります。
人間関係が苦手だったり、自分に自信がなく自己評価ができない、将来にほとんど期待が持てないなどがあり、自分を上手く表現することができません。
そのため、何かに依存してしまうことで自分の存在価値を高めていくことができ、それが悪いように見えても本人には気づかないことが多いのです。
アダルトチルドレンは依存症になりやすい人が多く、その原因となってしまうのが、その人の親が大きく関係してきます。
実際に、このような人たちの家庭環境には、問題があることがとても目立ちます。
どのような親が依存症の原因を作ってしまうのか、それを見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

この原因でよくあることが、機能不全家族といった家庭環境です。
これは、家族なのに他人事のように子供を扱っていき、自分のことばかり考えて家族に愛情がない家庭を言います。
つまり、子供への愛情が乏しく、仕事やプライベートを優先して育児に無関心な場合のことです。
子どもは、その立場からして一番に頼れる人は親しかいません。
しかし、このような状況だと、頼ったりすることも難しくなるので、それが人格形成に影響してしまうのです。
また、親がアルコール依存症やギャンブル依存症なども、その原因となってしまいます。
酔った勢いで子供につらく当たる場合もあり、ギャンブルから経済的に困る家庭も少なくありません。
他にも夫婦喧嘩が頻繁にある場合も、子供の落ち着ける居場所がなくなってしまいます。
幼少期の家庭環境は、何かしら子供に良くも悪くも影響してくるものです。
本来、たくさんの愛情を与えて尊敬される立場の親がこういった人たちだと、子供の価値観は歪んでしまって当然です。
周りを気にせず、大きな自信を持った子供に育てていくには、その見本となれるような人がいつも近くにいることが必要なのです。

スポンサーリンク