ワイパックスの依存性と治療とは

スポンサーリンク

ワイパックスとは鬱病、パニック障害、睡眠障害等に用いられる薬です。
この薬はベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類させる薬であり不安感を改善させる効果があります。
そして即効性があり不安感に襲われる症状がある場合に服用すると短時間で不安感が解消する為に多くの患者から好まれます。
しかしこの即効性が逆に薬の頼りすぎに繋がりつい服用が増えてしまい依存してしまう事に繋がります。
ワイパックスは効果的な反面依存性が高く服用に注意しなければなりません。
依存性が高まれば薬から離脱する事が難しくなり薬を手放せなくなる状態になってしまいます。
そして無理に離脱しようとすれば悪心、動悸、震え、吐き気、イライラ等の離脱症状が現れます。

スポンサーリンク

 

ワイパックスの依存から抜け出す為にはこの薬から離脱する必要があります。
しかし離脱症状が出てしまう為に急に中止する事は患者に負担をかけてしまいます。
その場合の治療として行うのは薬の量を少しずつ減らしていくと言う方法です。
薬を減らしてまた離脱症状が現れるなら又少し量を増やすなど細かく薬の量をコントロールしていきます。
薬の量を減らした場合多くは離脱症状が現れますが離脱症状の現れ方によって薬の量を増やしたり減らしたりしながら治療を行います。
このワイパックスは依存性のある薬ですが、医師の指導通りに使用すれば依存してしまう心配はありません。
抗不安薬による依存は自己判断での薬の利用が依存性を高める原因に繋がるのです。

スポンサーリンク