依存体質の人に見られる遠距離の関係と改善

スポンサーリンク

依存体質の人にとって、愛する人が遠距離にいる場合は大きな不安を感じてしまうことが常に起こります。
誰でもそういう場合は寂しさを感じてしまうものですが、依存体質の人は大袈裟なぐらい悲観的に考えてしまうのです。
これはなぜかと言うと、自分に自信がないので、誰かの愛情を感じていなければ精神が不安定になってしまうからです。
遠距離ともなるとそう簡単に会えないことから、ますます相手に執着してしまいます。
連絡を毎日するようになったり、相手のことを四六時中考えてしまうので辛さも倍増します。
こういう関係は、恋人や親子によく見られます。
愛情を感じることのできる関係なので、当たり前のように見えてお互いにとってはよくありません。
本人にとってはまともな行動ができなくなる場合もあり、相手も行き過ぎた思いに迷惑さを感じてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

依存体質の人は特定の相手だけでなく、恋愛関係であれば他の相手にも同じことをしてしまいがちです。
相手を思うことはいいことですが、1人の大人として相手なしで不安定になってしまうならば自立心をもっと養わなければいけません。
こういう場合で依存体質を改善していくには、他のことに目を向けていくようにすれば相手のことを考える時間もなくなります。
趣味を楽しんだり、交遊関係を広くしてコミュニケーションを深めていけば自分の狭い価値観から抜け出せることもできるでしょう。
そして、相手に会ったときにこれらのことを話していけば、相手も本人の元気な姿に安心してくれるはずです。
こういった習慣が身に付けば、遠距離の関係でも大きな不安はなくなり、程よい関係が保たれるようになれます。
物事を広い範囲で見ていくようにして行動していけば、いつの間にか自信を付けていくことになるのです。

スポンサーリンク