依存体質の遺伝と治療方法について

スポンサーリンク

日常に支障をきたしてしまうほどにお酒やギャンブルなどにのめり込んでしまい、更にはそれがやめられない状態にあることを一般的に「依存症」と言います。
他にも買い物依存・ネット依存・薬物依存などもよく知られた依存症です。
この依存体質は本人にはどうしようもないため、一人で解決しようとするよりも正しく治療できる病院やクリニックで診てもらうことが何より大切です。
依存症を専門に診察や治療を行っているクリニックもたくさんあるので、自分に合った病院またはクリニックを選びましょう。
正しい治療を受ければ依存症は必ず回復します。
一人で抱え込まずに、まずは身近な人に話を聞いてもらい専門的な知識のある医師に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

 

依存症の原因は諸説ありますが、今もなお数多くの専門機構で研究が行われ日々原因や治療方針も更新されています。
その研究の中で依存症には「遺伝性脆弱性」があることが解ってきました。
遺伝性脆弱性とは、家族内での物質依存の発症のしやすさと遺伝が関係があるということです。
アルコール依存症の場合約3人に1人がアルコール依存体質の親である場合があり、父親がアルコール依存症の場合4人に1人は自身もアルコール依存症になりやすいという結果が出ています。
依存症の治療方法は、5つの段階のどのステージにあるかによって変わってきます。
動機づけ面接法やコミュニティー強化法が行われることがあります。
また、内観療法や随伴性マネージメントといった治療法もあります。

スポンサーリンク