依存愛の意味について

スポンサーリンク

若い世代の恋人関係において、依存愛という恋愛の形で恋人関係を築いている人が増加している傾向にあります。
依存愛とは一体なんなのか、その意味や一般的な恋愛の意味合いとの相違を今回は紹介しようと思います。
まず最初に依存愛の意味についてですが、付き合っている相手に対して「この人無しでは生きられない。
」・「この人に愛されていないと自分の将来を見失ってしまう。
」といった極端な相手に対しての依存心から相手の好意を保つために「〜しなければならない。
」との脅迫概念の元で生活や関係の続行をしようとする人の発言や行動を一般的に依存愛とまとめて扱うことが多いそうです。
一概にその恋愛観が間違っているわけではありません。
しかし、その依存性に悩む人も多くなってきているのです。

スポンサーリンク

 

意味について触れましたが、一般的な恋愛との大きな相違は上記でも説明した通り、相手に対しての極端な依存性や強迫性が非常に強いということです。
ある程度の距離感や異なる人間としての感性、意見の違いは恋人関係を築くためには時として壁にもなることもありますが、その違いがあるからこそ自立した関係を続行することが可能になります。
何よりもお互いの成長にも大きな進歩をもたらしてくれることもあるのです。
そういった独立し最適な距離感と、お互いの負担や苦痛にならない恋愛が一般的な恋愛の意味合いとして含まれているとすると、依存愛の上で成り立つ恋愛は全く逆のものとなります。
相手の意見が間違っていたとしても関係を続けるために反対が出来ない・相手が自分のものであるとの確証を得るために過度の独占や束縛などの行動に発展しがちなこの恋愛は重たい関係といった恋愛観の意味も含め、扱われることが多いようです。

スポンサーリンク