依存性パーソナリティー障害の治療

スポンサーリンク

依存性パーソナリティー障害とは、自分で物事を判断することが出来ず、何をするにも他人の意見を必要とする依存症状のことを指します。
相手から理不尽な扱いを受けても、嫌われ去られることを恐れるあまり文句を言わず服従し、日常生活に支障が出てきます。
発症者は女性が多いと言われていますが、男性の場合表に出難いのではとも言われています。
依存性パーソナリティー障害の発症は、主に家庭環境が原因と考えられています。
過保護に育てられ、子供が自分で考えるべき問題を親が決め対処するなど、子供時代に自立心が妨げられることが要因の一つと言われています。
その為、体は成長し大人になっても、自分で物事の判断が出来ないようになってしまうのです。

スポンサーリンク

 

依存性パーソナリティー障害は殆どの患者が症状を自覚しておらず、他人に異常なまでに依存していることを分かっていない場合が多いです。
なので、治療にはまず本人が依存性パーソナリティ障害だと自覚することが大切です。
それまでの依存関係を断ち切り、精神療法やカウンセリングで自分はどうしたいのか、何がしたいのかという感情を伸ばし、自信をつけることが治療に繋がります。
必要か否かは個人の症状により変わりますが、気分が大きく沈んでしまう場合には薬物療法が取り入れられることもあります。
心の苦しみが強い依存性パーソナリティー障害ですが、本人の意思、頑張り次第で確実に症状を軽減させることが出来ます。
周りの人、または本人が「対等な人間関係を築きたい」「築いて欲しい」と考えているなら、精神科で診察を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク