よく話に聞く、依存体質ってなに

スポンサーリンク

 世の中には依存体質の人が、一定数存在します。
しかし、理解のある方がいる一方、依存体質ってなに、というレベルの方もいるでしょう。
 例えば、恋人に過剰に依存してしまう人、お酒などに依存してしまう人、ギャンブルに依存してしまう人、友人に依存してしまう人などなど…依存する対象は様々ですが、どれも対象に過剰に依存してしまい、それ無しでは生活が困難な状態になってしまいます。
これが依存体質となります。
 何故、このような依存体質になってしまうのでしょうか。
今回は、この体質の説明をしたいと思います。
 1つにはその人の自信の無さが、依存に繋がっていると考えられています。
つまり、ある対象がなければ自分は生活が出来ないと思いこんでしまい、いつの間にか既成事実となってしまうのです。
自分は対象が無かったとしても何も問題ない、と認識する事が重要です。

スポンサーリンク

 

 また、自分の本来の問題から目をそむけるために、依存体質になりやすい事も判明しています。
つまり、普段の生活の中に大きな問題があるのですが、それと正面から取り組もうとはせず、全く別の多少に依存をし、そこから意識を反らしてしまう…という事があるのです。
 もちろん、何かに依存する事自体は決して悪いことではありません。
何にも依存しない人など存在しません。
しかし、その依存のバランスを崩すと、依存体質となってしまいます。
 依存体質の事をよく知っている方も、依存体質ってなに、というレベルの方も、等しくこの体質になる可能性は存在します。
つまり、あなた自身もその可能性があるのです。
決して他人の特殊な出来事だとは思わず、自分の事のように知っておくべきことでしょう。

スポンサーリンク