仕事にも影響を与える依存体質の治療について

スポンサーリンク

依存体質は、育ってきた環境などによって知らず知らずのうちに培われてしまいます。
このような体質の方は何かにつけて他人を頼る傾向があるため、仕事においても同僚などに負担をかけがちです。
元々自信や自己主張に欠けているため、何かを提案したり積極的に行動したりといったことが苦手な傾向があります。
仕事においては、迅速な行動や明確な意思の決定が度々必要になります。
依存体質の方の場合はこういった対処がしにくく、業務を遂行する上でも支障が出てしまうことが問題です。
従って社会人の場合は、早目に適切な治療を受けることが求められます。
依存体質は人間関係のみならず、たばこやアルコール、特定の食品などで見られることがあるのが最近の傾向です。

スポンサーリンク

 

依存体質を治療する上では、本人の考え方の傾向を正していくことが第1歩です。
自分で物事を決める姿勢や物事に対処する自信を養うことが、まずは大切となります。
また、概して忍耐力が弱く自己肯定感が低いのがこの体質の特徴ですので、治療ではそいういった点にも目を配って対処をしていくのが一般的です。
不安障害やパニック障害とも意外に関わりが深いのが、この依存体質です。
この手の病気の場合にも、やはり極端な認知の歪みや他者への過敏反応などが見られることが多く、性格的にも何らかの依存性があることが多いと言えます。
このような依存の傾向がある方は無暗に他者に頼るのではなく、まずは自分で物事に対処してみることが必要です。

スポンサーリンク