依存性人格障害のチェック

スポンサーリンク

依存性人格障害とはパーソナリティー障害の一種であり他者に強く依存してしまい自立出来ない状態を言います。
自分1人では生きていけないと言う強い不安がある為に親や恋人等に強く依存しあらゆる物事に対しても自分で決断を下す事が出来ません。
そして依存していた相手が自分から離れていくと言った場合とてつもない不安感と恐怖感に襲われます。
そしてこの依存性人格障害の場合他者から暴力等を受け反発心を覚えたとしても相手への強い依存心から自分から離れる事をしません。
そして相手の横暴な態度や言動に対しても服従してしまう為に逃げ場を失ってしまう場合もあるのです。
この依存性人格障害は性格上の問題だとも考えられがちですが、他人に対して異常な執着心がある場合にはこの障害が疑われます。

スポンサーリンク

 

依存性人格障害には特徴的な症状が幾つかあります。
自分で物事を決断できない、家から出るのが怖い、1人になると強い不安感に襲われる、自分1人では生活していけない、誰かに頼らなければ不安になる、恋人や親がいなければ生きてはいけない、依存していた相手から別れを告げられると生きて行く自信が無い等です。
これらの症状を自身でチェックし当てはまる数が多ければ多いほど依存性人格障害の疑いが強くなります。
そしてこの障害を疑う場合には精神科の受診が必要になります。
精神科での治療では、主に医師のカウンセリング治療が主流となり医師と向き合う事で改善されていきます。
チェック項目にいくつも当てはまる場合には注意が必要です。

スポンサーリンク