依存について

スポンサーリンク

皆さん依存症と言うものをご存知でしょうか?
言葉自体は知っていて、おおかたどのような事なのかも知っている!と言う方は多いかと思います。
しかしながら、この依存症というのは様々な物があります。
物や人、最近では携帯電話やゲームも依存と言う言葉が出てきています。
この依存症と言うのは厄介なもので、自分で依存していると感じていると言うことが少ないと言うことがあります。
また気づいても、なかなか止められないという傾向が非常に高いと言うことがあります。
そんな、依存症ですが、改善したいと考えている方と言うのもたくさんいらっしゃいます。
依存体質というのは性別関係なく起こるもですが、女性の方が若干数おこることが多いという傾向があるようです。
依存体質の方というのは、一人でいるということが苦手という傾向が強いようです。
そのため、常に自分の許した誰かが短に居ないと気が済まないという傾向があります。

スポンサーリンク

また、一緒にいるだけではなく自分のことをいつも考えて欲しいという考え方が強いです。
そのため、常に精神が不安という状態が続くと言うことがあります。
また、傾向は他にも様々あり、自分で責任を取るということから逃げてしまうという傾向があります。
これは、自分の心が潰れると言うことから、例えば、会社で何か問題が生じた場合に、自分だけの責任ではない、他にも原因の人がいる。といったほか様々な言い訳を言うことが多いと言うことがあります。
他にも、上記と関連した部分があるのですが、自分に都合が悪い事が起こると、自分は知らなかった、私は弱い人間だから何も言わないで!と言うような同情や周りの気をひこうとする傾向があります。
これも、自分の心が耐えられないと言うことでおこることです。
このような傾向があるので、もしかしたら、自分や周りに傾向を持っている人がいるかもしれませんね?
しかしながら、この依存症というのはいつ自分に起こるかわからないと言うこともあります。
人間というのは、常に考えていることも変わるし、誰もが強い心を持っているわけではないと言うことがあります。
できる限り自分の周囲の方に頼ると言うのも依存症から遠ざかる方法のひとつかもしれません。
またこの依存症というのは、治すと言うのが、時間がかかり、場合によっては再発言うこともあり症状が全く治らないという方もいらっしゃいます。
特に近年この心に問題を抱えるという方が増加しています。
当サイトで、ご自分や自分の大切だと思う方を依存症から守ったり、治療したりといった参考になるかと思います。

スポンサーリンク